×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 蒙古ひだとは、上まぶたから下まぶたまで目頭の粘膜を覆うようにかぶさっている襞状の皮膚のことです。 
これは東アジア人を含むモンゴロイドという人種特有のもので、我々の祖先が極寒の地で目を守るために発達したものだと言われています。

 しかし、現代においては特に有益であることもなく、むしろ今の美意識からすると、目頭を覆い、目を小さく見せる蒙古ひだは邪魔だと感じる人もいるでしょう。目頭切開などの美容整形を行う理由も蒙古ひだをなくすためです。当サイトでは整形手術を行わず、自分でできる蒙古ひだをなくす方法についてまとめています。ただし、ご紹介する蒙古ひだをなくす方法の効果は保証できませんし、万一けがをしても責任を負えませんので注意して、自己判断で実践してください。

無くすことは可能か?

 蒙古ひだは皮膚なので、完全にひだをなくすことは切除しないかぎできないことは容易にわかります。
ですが、皮膚は伸びるということは、太っている人が痩せたときの皮膚を想像すればわかるようにあり得ることです。蒙古ひだというのは、上瞼が張っている状態なので、蒙古ひだを伸ばすことでストレッチさせるとなくすほどではなくとも、緩和させることは可能だと考えています。

二重瞼との関係

 蒙古ひだの弱い人は、強い人に比べて瞼が柔軟であるため、二重瞼になりやすいです。
つまり、蒙古ひだを緩和すれば今一重まぶたの人も二重瞼になるかもしれません。

メニュー

 ■目頭つまみ 一番お手軽な方法です!

 鼻叩き   鼻も高くなって一石二鳥

 鼻矯正   実は鼻の軟骨は矯正できるのです

 アイパッチリン ずっと寝てる間も目頭つまみができます。
 
 

バナースペース